~70th Anniversary~

 

 

弊社は本年928日に会社設立70年を迎えることが出来ました。

これもひとえに、皆様のご支援の賜物と心より感謝しております。

 

 創業は1755年(宝暦5年)江戸時代まで遡り、茨城県真壁郡真壁町(現在の桜川市)で陶土器の製造販売から始まりました。現在の社名は元々陶製の管、いわゆる「陶管」を製造、販売していたことに由来します。

1958年(昭和33年)に車社会の到来によるインフラ整備・地域発展を見据えて砕石業へ進出、茨城県新治郡新治村(現在の土浦市)に砕石工場を開設いたしました。これまでに筑波研究学園都市、つくば科学万博、常磐自動車道、首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)等の茨城県南地区はもとより、成田空港、千葉ニュータウン等の開発整備プロジェクトへ砕石を供給し、地域の発展と共に歩んでまいりました。

 

経営理念は「環境調和と品質至上を基本とし、砕石事業を通じて発展し、より多く地域社会へ貢献する。」です。

事業の継続には特に地域と理解を深めることが重要で、地元の方々と共存していくためには事業収益を環境整備に活用し、地域全体を豊かにしなければなりません。また、取引先やお客様のニーズに合致した商品やサービスの提供を継続することが関係強化に繋がると考えており、こうした経営理念のもとで事業活動を展開しています。

 

これからも地元である茨城の発展と共に次の30年をしっかりと歩み続け、100年企業を目指していきたいと思います。

 

簡単ではございますが、会社設立70年という節目の年を迎えるにあたって挨拶とさせていただきます。